ホーム>農村生活体験・ホームステイ

近江日野田舎体験

農村生活体験で、今こそ心の交流を。
日野町は「三方よし!」の精神で農村生活体験・ホームステイの受入に取り組んでいます。

農村生活体験・ホームステイの特色

受入家庭事前研修の様子の写真
受入家庭事前研修
 日野町が最も得意とする受け入れ、それが「農村生活体験・ホームステイ」です。
 私たちが目指す「農村生活体験・ホームステイ」は、日野町にある豊かな自然、農林商工業、生活文化等の生業、さらには、ここで暮らす人々の本来の姿を知ってもらい、ホストファミリー(受入家庭)の生き様や誇りを、体験者である児童や学生たちに伝える人間教育だと考えています。
 ホームステイ先のありのままの姿を伝えるため、「その家の家族」の一員として、あたたかく迎えます。
 ホームステイ先は農家に限らず、非農家や町家もありますが、共通体験を通じた「心の交流」による「精神文化の向上」を最大の目的としています。
 事前に研修を受けたホストファミリーが、各家庭の仕事や生活に合わせた農村生活体験・ホームステイでインストラクターの役割を担いながら、体験者との心のふれあいを深めていきます。
 私たちは、近江日野商人の「三方よし!」の精神にならい、体験者の学習成果とともに、ホストファミリーや地域社会の活性化にもつながる取り組みとして、町全体でホームステイを推進しています。

※ホームステイでは生活体験を通じて「交流」することが目的となり、食事の準備、後片付けなど全ての生活をホストファミリーの方と一緒に体験することとなります。ホテルや民宿で宿泊するサービスとは異なりますことをご承知ください。

農村生活体験・ホームステイ受入までの流れ

中学校野外活動入村式
中学校野外活動入村式
  1. 実施日の決定
  2. 参加者(学校から生徒)のグループリストとアレルギー情報提出
  3. 受入家庭とのマッチング(当協議会が行います)
  4. 参加者(学校)へ受入家庭マッチング表を提出
  5. 受入当日
    • 受入人数は1軒4名が基本。最大150軒(600名)の1泊から2泊のホームステイが可能です。
    • 事前説明や交流を希望される場合は、当協議会事務局までお問い合わせください。

農村生活体験・ホームステイ例

農村生活体験は、ホームステイする各家庭の仕事や生活をもとにした「家業おまかせプラン」となります。数軒が一緒に体験をすることもあります。季節や天候によって体験内容は変わります。

※写真をクリックすると大きく表示します。
写真

田植え

写真

畑作業

写真

苗箱洗い

写真

茶摘

写真

鮒寿司漬け

写真

よもぎ餅作り

写真

牛の餌やり

写真

干ぴょうむき

写真

田んぼの補植作業

写真

収穫作業

写真

稲刈り

写真

わら縄作り

写真

割り木作業

写真

女将体験